身に覚えのない有料サイトの料金を請求された時の対応

この件は、「まったく利用していないと言い切れる」場合と、「利用した(かもしれない)」場合に分かれる。
聖ワァギナ学園の日常行事 画像の件は、一旦切り離して考える。

もし本当に利用していないという自信がある場合には、とにかく対応せずに無視すればよい。
電話には出ず、出てしまっても話をせずに切る。
「使ってないから払わない」といった議論をする必要すらない。

そもそも「電話番号から住所を調べて」と言っておきながら、「住所を言わないと教えることができない」というのは矛盾している。
もし調べられるのなら、住所を言わせる必要はないはずだ。
このような、住所を言わせたがるタイプの業者は、「詐欺に引っ掛かりやすい人リスト」を作成するのが目的の可能性が高い。