プロバイダ責任制限法の問題点

通常、管理者からのアクセスログの開示を受けたとしても、
それだけでは書込み者を特定できないケースが大半である。
被害者が書込み者を特定するためには、さらにもう一段階の作業を経ることが必要となる。
アクセスログから判明したISP(アクセスプロバイダ)に対する身元開示請求である。

ところが、ISPが開示請求の相手方となるか、つまりISPが開示義務を負うか否かについては、
プロバイダ責任制限法で明記されておらず、裁判所の法解釈に委ねられている。
法の不備との誹りを受けかねない重大な問題であるが、今後の裁判所の適性な法解釈に期待したい。

そんな情報いくらでも開示すればいいじゃないかという気がするが、
そうすることによりプロバイダの負担が増えて料金が値上がりするのも困る私はここのところ、
デキるまでいっぱいシよっ らするについていろいろ考えるようになっているのだ。